福田さん メイン写真 農業から漁業へ直感力で志望変更! 初めてづくしの島生活は新鮮感動の連続

福田ふくだ 瑞樹みずき さん  
年齢  25歳
出身地  群馬県高崎市
現在の住まい  隠岐郡西ノ島町(おきぐんにしのしまちょう)
産業体験先  有限会社共幸水産
産業体験期間  平成17年4月〜平成18年3月
現在の仕事・職場  漁業・有限会社共幸水産
Road to Oki
埼玉県の大学に在学中、幼い頃から慣れ親しんできた自然と触れあえる仕事へ憧れを抱くようになり、卒業後、群馬へ帰郷して個人農家の住み込みアルバイトを経験。その後、本格的な進路を探すため、インターネットで農業系の就職先を探すが、偶然に見つけた漁業就職サイト内にあった『JFしまね』の求人情報で、一転、漁業に大きな関心を持つ。早速、松江に向かい、いわゆる“アポなし”で漁業組合を訪れ、そこで紹介された西ノ島町の『共幸水産』に就職し、現在に至る。




陸から海への方向転換で 有意義な毎日を実現

 ずっと農業志望だった僕が、いきなり漁業がやりたくなった理由というのは…、実は自分でもよく分からないんです(笑)。衝動的に漁師になりたくなったと言うしかありません。ネットで島根の漁業情報を見てから西ノ島に渡って『共幸水産』の社長に会うまで、3日と経ってないくらいですから(笑)。
 晴れて『共幸水産』で漁師になってからは、巻き網漁船で働いています。巻き網漁は、僕の乗る本船と、集魚灯(しゅうぎょとう)を焚く火船4隻。それに運搬船1隻の合計6隻で1船団を形成しているんです。季節で違いますが、夕方に出港して、明け方に戻ってくるのが基本。最初はやっぱりひどく船酔いして、乗船初日は仕事にならないくらいだったけど、1週間ぐらいで何とか慣れたって感じです。

 僕の担当は、出航前の準備や掃除、それに仕掛けた網を船に手繰り寄せる作業など、本船で行う仕事全般です。「教わるよりもやってみろ」という会社の方針なので、掃除はともかく、先輩たちと一緒に作業する網たぐりは、やり方も分からずに参加したので、スムーズに作業できるまで半年はかかりました。最初は足手まといだったと思います。ただ、僕と同じIターンの先輩や仲間が多く、初心者の苦労を分かってもらえるので、いろいろと心強いのが嬉しいです。
 ここに来て2年経ちましたが、農業と違い、漁師の仕事って毎日が変化の連続だなあって実感しているところです。畑には野菜があるけど、海にはいつも魚がいるとは限らないですから(笑)。だから、今は目の前の仕事を一生懸命こなすだけで、充実した気分になるんです。

   ゆうげんかいしゃきょうこうすいさん
■ 有限会社共幸水産

7隻の船を保持し、中型まき網業がメイン漁法。
主に、アジ、イワシ、サバなどの回遊魚を対象とする。
乗組員は現在26名、Iターン者も積極的に採用。

      住所:島根県隠岐郡西ノ島町大字浦郷746
      電話:08514-6-0948




大好きなネットも快適! より充実したプライベート

 入社してからずっと、漁港のすぐ近くにある漁協の独身寮に住んでいます。僕が入った当時は10部屋ある独身寮が満員で、そのうち、『共幸水産』の仲間が4人住んでいるという、何もかもが初めてづくしの僕にとっては、賑やかで心強い生活環境で、本当に助かりましたね! 環境的にも、海のない群馬県から来たので、目の前がすぐ海という寮の立地も気に入ってます。何処にいても海を感じられる西ノ島の生活って、本当にいいものですよ。
 海を感じると言えば、やっぱり新鮮な魚介類に尽きます。群馬時代は、魚の料理は火が通ったものというイメージが強かったので、刺身がこんなにおいしいっていうのは、隠岐に来て初めて知りました。

 ずっと趣味で楽しんでいたインターネットも、離島ということで最初は諦めていたんですが、まったく問題なくADSL環境で利用できたのは嬉しかった! おかげさまで、隠岐に来る前と何一つ変わることなく、快適なインターネットライフを満喫しています。それに寮の仲間たちとの付き合いがあるので、独りぼっちで寂しく過ごすこともなく、いつも仲間がそばにいるって感じで、こっちに来てからの方が、忙しいくらいにプライベートが充実していますね。そんな仲間たちとのコミュニケーションは「飲む」ことかな(笑)。近所に行きつけの店があって、そこに集まる地元の人たちと老若男女みんな一緒にしょっちゅう盛り上がっています。

顔馴染みの店にて


大自然に圧倒されっぱなし 特別な思いの宿る島の風景

 西ノ島での生活も、まだ2年しか経ってないので、地域のイベントにはまだあまり関わってないんですが、島で一番大きな「由良比女神社大祭」)(ゆらひめじんじゃたいさい)には会社総出で参加しました。装飾したみこしを船までかついで行く、島で一番大きな祭りです。夜の祭で、ライトアップされ本当にきれいでしたね。

 それと西ノ島と言えば、やっぱり国賀(くにが)海岸や摩天崖(まてんがい)の雄大な景観には圧倒されます! 特に海からの眺めは、あまりのスケール感と迫力に怖くなるくらいで、陸から眺めるのとは違う大自然の厳しい表情を見せてくれるんです。群馬にも自然に包まれた名所がいっぱいありますが、西ノ島ならではのこの景観は、僕にとって特別なものになっています。


隠岐郡西ノ島町
おきぐんにしのしまちょう

島根県地図 隠岐郡西ノ島町
人口 3,464人
世帯数 1,662世帯
(平成19年2月28日現在)

定住施策

◆奨学資金の減免
  卒業後3年以内に町内に居住し、引き続き5年以上従事した者に対し、
  減免制度あり。

◆コミュニティ・アイランド交流施設の提供
  50歳以上の夫婦で移住を強く希望する者、町内で就職が決定している
  者で住宅確保が困難な者に対し、施設を提供。
  3LDK/10戸。 使用期間は原則1年以内。 使用料/36,800円

◆シルバーアルカディアモデルハウスの提供
  移住希望者が自信と希望を持って移住できるように、
  1日〜2ヶ月間利用できる体験型施設。
  3LDK/2棟。使用料は無料。光熱水費として1泊3,000円微収。

問い合わせ瑞シノ島町役場 観光商工課
   島根県隠岐郡西ノ島町浦郷534番地
   TEL 08514(6)0700
   http://www.town.nishinoshima.shimane.jp/



≫ 「しまね定住ハンドブック」